記憶の迷路

リアルタイム「バクマン」にハマった葉月かれんのブログ。次点で副シャン(ワンピ)イチルキ(ブリーチ)。アンチ織姫なので、織姫擁護、中立、いずれも読まないでね。アンチの意見は消します。ここはわたしがスキなことを好きに書くところなので。
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

すみません。 

ただいま体調がひどくわるいのと、パソコンをあたらしくしたために、パスワードなどいちから設定しなければならないので、こうしんが大変とどこおっています。とりあえず近況ごほうこくまで。
スポンサーサイト
[ 2014/11/27 00:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ハンター×ハンターを見たよ。 

あ、あけましておめでとうございます。今年もよろよろ続けてまいりますので、ひとつよろしくお願いします。

のっけからなんですが、今日、封切の「ハンター×ハンター」を早速見てまいりました。

いやあ、番外編というかんじで、原作とはまたちがったよさがありました。

クラピカが主人公ってのは、めずらしいよなあとか思いつつ。

キルアがいい味だしてる。

って余裕こいてみてたんですが。

家に帰って、放映特典の0巻コミックスをよんでたら。

ななななんですとーーー??!!

「これから、クラピカと幻影旅団はどうなるのですか?」

という読者からの質問に対し、

「全員死にます」

という作者の答えが!!!

あんまり、さらりときっぱりと書かれてたので、冗談かと思ったけど、たぶん、いや、絶対、本当なんでしょうね。

で、なななんですとーーーー??!!

に戻っていくわけなんですが。

やめてくれないかなあ、この死んで決着っつーの。

某も結局、兄貴が死んで決着したし。

死んで終わりっての、一番後味が悪くてやなのに。

クラピカがそうなっちゃうなんて。

だからいま、ずっと、本編中にクラピカでてこないのかなあ。

クラピカファンにとっては衝撃のアンサーに思わず二の句がつげなくなってしまいました。

殺させるために、ファンになったんじゃないのに。

生きて、幸せな笑顔をみせてほしいために、そのためにゴンシリーズでも続けてハンターを読んでいるのに。

文字通り絶句です。

死んじゃヤだよぉ。大泣。


あ!

今日もいっしょにひーちゃんと映画見に行きました。

ひーちゃんはハンターのハの字も知らない素人さんですが、面白かったと言ってもらえてほっとしました。

付き合ってくれてありがとう、ひーちゃん。

風邪、早く完治するといいね。

あと、いつもどおり、卓球とか、カラオケとか、行きました。

冬の雪があるなか、なかなか会えないので、天気が良くなった日を逃さずに連絡とって会いました。

ありがとう、ひーちゃん。楽しかったです、


あとは、ひさしぶりに「天は赤い河のほとり」を読んだら、また夢中になって読みふけってしまったとか。

「夢の雫、銀の鳥篭」が巻数を重ねるごとに面白さをましてきたとか。

ひーちゃんも妹に薦められて読み始めた、「ちはやふる」があいかわらず面白いとか。

ハンター31、32巻が一ヶ月で出版されて、驚き!笑とか。

「ボールルームへようこそ:」が面白いんだか面白くないんだかわからんのだけど、勢いだけはあるよなーとか。

以上。



手袋が欲しいっていってたひーちゃん。

黒い色とかいわずに、金色とかオレンジ色にしたら?笑!!

ユニクロでも充分通じるって。

でも、2千円ちょっとで、あったのだから、買っても良かったのでは??

以上。私信でした。

[ 2013/01/12 21:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

世の中の推移 

昨日、本屋にいったら、「このやおい小説・漫画がおもしろい」というので、閲覧できるようになっていてびっくりした。

「このミステリがおもしろい」とか「この少女漫画がおもしろい」とかなら、既存であるのを知ってたのに。

そうか~。

ついにヤオイの世界にもそういうランキング本が発売されるようになるまで、認知度があがってきていたのか~。

すごい感慨深いものを抱きつつ、早速1位から眺めて(袋づめされてるから中身はみれない)いたんだけど、知ってる名前がほとんど・・・というか一人しかいなかった。

いや~やおい界も流動してるんだねえ。

でも、だれが審査してるんだろうとちょっと気になった。

やおい歴××年の大ベテランから、初体験やおい娘とか、初体験ふつーの青年編集者とか。

それとも、読者のアンケートとかで決めてるんだろうか。

やおいなんて、ほとんど手をひいてたから、いまオリジナルやおい界がどうなってるのかさっぱりわかりません。

いや、でも、ホントにびっくりしたよ。

このやおい本がすごい・・・か。アンタのほうがもっとすごいと思うよ。笑。






[ 2012/01/15 21:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

Q10最終話 

やっぱりQ10は、平太の奥さんが若くなったときの姿だったんだね……。

でもそれを知る前にQ10のリセットボタンを押した平太。

Q19を愛するように世界を愛せよという一言で、Q10を元の世界へと戻すことを決心したんだよね……。

まためぐりあうQ10とだけど、それはQ10であって、Q10でなくて。

青春のまんなかにいたQ10はどこにもいないけど、ちゃんと存在してる……。

平太がQ10と幸せになりますように。

それは次に巡り合う奥さんなのかもしれないけど。

いま、忙しくてろくなレビュー書けなくてすみません。

Q10見るのも精一杯でした……。


あ!拍手、コメントありがとうございましたvv
[ 2010/12/12 22:01 ] 未分類 | TB(1) | CM(2)

このブログをつくった理由(わけ) 

いまさらですが、ちょっとブログ内の整理も含めて、わたしがなぜこのブログを作ったのかを書こうと思います。

わたしは、ここのほかにもいくつか(え?笑)ブログをもっていて、そのうち、一番、ひとがたずねてくださったのが、現在「MELODY 白泉社」で連載中の「秘密」(清水玲子)のアニメのレビューを書いた「秘密がたり」というブログです。

もちろん、「秘密」そのものは好きでしたが、わたしとしては、ここでかいているような、たわいもない内容も書きたかったのですが。

なんだか、そういう日記的な内容を書いちゃいけないような雰囲気に(わたしが勝手に思ってしまって)、身動きがとれなくて、もっと自由に気ままに、書きたいことを書くというブログをつくりたかったからなんです。

そしたら、こんなくだらない内容でも、ちゃんとよんでくださるかたがいて、コメントや拍手までいただけるなんて、正直、思ってもいませんでした。

こんなところですが、また、たくさんの拍手をいただき、心から感謝してます。物を書く人間にとって、読者側の反応というのは、すっごく力になるんですよ。たいしたことを書いてないのに、ちゃんと読んでもらえて心からうれしく思ってます。

それで、ここで、こういう内容を書いてもいいんだ、ちゃんと読んでもらえるんだ、と安心したせいでしょうか?

ひさしぶりに「秘密がたり」のほうも、「秘密」(清水玲子)の内容で更新することができました。

それをさせてもらえたのは、ひとえに、ここで、拍手をくださった、ビギナーのかたか、「秘密がたり」からの読者さまか、どちらにしろ、貴女(貴方もいたらうれしいなv)のおかげです。本当にありがとうございました。

それから、そういうふうに、少し肩の力をぬけたので、今回、改めて、「秘密がたり」野々宮みるくのほうのリンクも張ることにしました(最初は、それすら、いやだったんです。ここでは、自由にいたかったので。)

でも、「どちらでもいいんだよ」といただく拍手が教えてくれました。

何度も書きます。

本当にありがとうございました。

そして、よろしければ、これからも「記憶の迷路」に時々あそびにきていただけると、もっと、もっとうれしい(笑)、葉月かれんこと野々宮みるくでした。


追記

HNは知ってるひとは知ってますよね。どちらも、プリキュア戦士をもじったものですvvこーゆーの考えるのって、センスないので‥‥(苦笑)。

[ 2008/11/24 10:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

葉月かれん☆

Author:葉月かれん☆
ただいま、ブリーチのイチルキストvvイチルキで甘々が一番v二人は早く結婚すればいいと思うvvv

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。