記憶の迷路

リアルタイム「バクマン」にハマった葉月かれんのブログ。次点で副シャン(ワンピ)イチルキ(ブリーチ)。アンチ織姫なので、織姫擁護、中立、いずれも読まないでね。アンチの意見は消します。ここはわたしがスキなことを好きに書くところなので。
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

涙くんさよなら 

なんだかいっぱい拍手いただいてるですが。うれしいですvvでも、ホントこんなレビューでいいんですか?なんか、申し訳ない気が‥‥。だってあっちのほうから来てくださってる方が多いと思うんですよね。いいのかなあ?こんなんで。ありがとうございます、ホントに(@^▽^@)

さて、あしたは朝、ある課題があるので(今度書きますね。笑)今夜、更新しちゃいます。とにかく、いま、この課題に燃えてるわたし。

------------で、ここからが今回の記事です。

わたしが、入院した当初のことです。

詳細は省きますが、腹痛がひどくて、それでも「お昼たべなきゃいけないんですか?」って看護師(かケースワーカー)聞いたんです。

「食べてください」とすげなくいわれ、つらいのをがまんしてAM11時半(笑。だいぶ腹立ててるな~^^;)に食べました。

とにかく腹痛がひどくて、病室でうんうん唸っていても、看護師(かケースワーカー)も一言も声をかけてくれません(ホントのことよ)。

そうこうしてるうちに食事をとる大ホールから、いきなり「イチ、ニ、イチ、ニ」という看護師(かケースワーカー‥‥めんどくさいので、とりあえず看護師で統一しますね)と、年長のかたの低い声が響いてきました。

そうか、午後の体操の時間なんだ‥‥とお腹おさえて、思ったわたし。

ところが、そのあと、歌をうたいだしたんです。

もちろん年長のかたたちの集団ですから、演歌とか童謡とか、懐かしの歌謡歌合戦にでてくるような曲なんですよ。

でも、それはそれで、そのかたたちみんなが知ってる歌なのだから、と、思ってました。

ん・がっ!!

最後に聞こえてきたのが、

「涙くん、さよ~なら~♪ さよ~なら、な~みだくん♪」。

‥‥‥‥。

こんなもん病室で、ひとりで聞いてたら、病気でない人間まで病気になっちゃうじゃないですか(大笑)。

腹いたいの我慢して、あわてて、外出しました(看護師がなんかいってたけど、もう心ん中で、笑っちゃって笑っちゃって。おまえ、ホントに病気なのか?!大笑)。

もっとも、そのあと、運動をがんばりすぎて、風邪をひいたときは、わたしもその集団に参加させていただきましたが。

どうしても、歌だけはうたえませんでした(喉いたかったし)ので、手拍子であわせて、みなさんと楽しく過ごさせていただきました。

でも。

どうして、「涙くん、さよなら」なんだろう。

もうちょっと、選曲、考えてもいいんじゃないんだろうかと思ってるのは、わたしだけなのかなあ‥‥・。

スポンサーサイト
[ 2008/11/19 19:52 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

葉月かれん☆

Author:葉月かれん☆
ただいま、ブリーチのイチルキストvvイチルキで甘々が一番v二人は早く結婚すればいいと思うvvv

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。