記憶の迷路

リアルタイム「バクマン」にハマった葉月かれんのブログ。次点で副シャン(ワンピ)イチルキ(ブリーチ)。アンチ織姫なので、織姫擁護、中立、いずれも読まないでね。アンチの意見は消します。ここはわたしがスキなことを好きに書くところなので。
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

決着 

前回のあんまり元気のない記事にまで、ちゃんと拍手くださったかた、ありがとうございましたvv一山超えたと思ったら、また一山超えての毎日がつづきますが、友人いわく、「そんなもんだよ。現実なんて」ということ(苦笑)だそうです‥‥そうなのかな??笑。

ところで、唐突ですが、いま、わたしが持つ(笑)あるHPについて、決着をつけなきゃならないところまできています。

正直、そのときの自分の、どこにそんな力があったのか、自分でもわからないくらいの思いに突き動かされて、そのHPをつくりました。いま、もう一回やってみろといわれても絶対できないほど、必死になってやりました。

詩のHPをつくっていたとはいえ、メカ的なことはほとんど主人がやってくれてたのを、なんとか一から思い出しながら、ああ、やっぱりHPってややこしいなあと愚痴ばっかりこぼしながら、それでも、どうしてもつくりたかったHPでした(だって、HPってFTPとかいろいろあるんだもん。ブログとちがって、ただ文章うてばいいってものでもないし、壁紙とかイラスト挿入とか、いろいろ‥‥やりかた全部忘れてましたよ。苦笑)。

で、当初の目的であったある小説を載せるというのをもう達成できるところまできて、どうしても、その最後が自分で更新できなくなってしまったのです。

たぶん、もう、いまのわたしが新しく小説を書くというのは状況的に無理だし(資料を読み込んでる暇すらないので)、あるもののなかから引き出して文章を書こうと思っても、筆力が昔とくらべて格段におちてることがわかってしまったから‥‥寂しいし、ホントにくやしいけど、あのころのような小説は書けないなということを思い知らされましたので(やおいもそう。苦笑。本気出して書けるほどの体力がなくなってしまいましたワ。笑)。

最後の章を更新したあと、そのHPをどうするのか、自分でもすごく迷いがでて、身動きが取れなくなってしまってます。

今回、自宅にかなり長く帰っていたのですが、ブログをやる時間さえとれないのが現状で、この「記憶の迷路」もいつまでつづけられるのかなというのが、正直なところです。

長く家に帰ったりすると、どうしても、現実がみえてきてしまい、最初のころのように、ただうかれて過ごしていればいいだけの入院生活から、退院、ひいては今後をみすえた生活へとうつってきてしまうのですが、いずれにしろ、ここは「一時的な避難場所だから」ということなので、そうかもしれないと思うようになりました。

話がそれちゃいましたが、そのHPの決着をたぶんここにいる間にしないと、もう自宅ではできないだろうし、でも、いつ決着をつけたらいいのか。

子供の歌ですが「犬のおまわりさん」にでてくる迷い猫のようにように、迷いに迷ってる、わたしでした。

スポンサーサイト
[ 2008/12/14 13:48 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

葉月かれん☆

Author:葉月かれん☆
ただいま、ブリーチのイチルキストvvイチルキで甘々が一番v二人は早く結婚すればいいと思うvvv

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。