記憶の迷路

リアルタイム「バクマン」にハマった葉月かれんのブログ。次点で副シャン(ワンピ)イチルキ(ブリーチ)。アンチ織姫なので、織姫擁護、中立、いずれも読まないでね。アンチの意見は消します。ここはわたしがスキなことを好きに書くところなので。
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

降参しました(笑)。 

まさか前回の記事で、ずばりストレートに当てられるひとがいらっしゃるとは思ってもみなかった、葉月ことみるくです。コハルビヨリさんに、直球どまんなかをなげられてしまったので、もう、書いちゃおうかな、と思いまして。

以下、読みたいひとだけ、読んでくださいね。笑。ホント、読みたいひとだけね。いろいろ白状(大笑)しちゃってるから。
コハルビヨリさんのレスにもかいたように、わたしはいまだにその作品もかれの名前も、パソでローマ字打ちできないほど、思い入れがあります。最初で最後のまじめに同人活動をしてから8年、ほかの作品もちゃんと好きになってこれたので、もう大丈夫だろう、もうあのころみたいに狂ったりしないだろうと思ったのが、あさはか。

いまでも、ワンピースのシャンクスと副船長と鷹の目にたいして、全然、正気をたもてないほど、好き‥‥というか、こだわりみたいなものがあります。ま、三角関係が好きなんですよ。シ○○○ス受けでね。

それまで、ほとんど読み手だったわたしが、どうしてまったく畑違いのファンタジーもどきをかくようになったかというと、そのときの彼受けの同人誌のほとんどが、彼を天才でキチ○イの誘い○けとして書かれていたからです。

はっきりいって、わたしは誘い○けという言葉が好きではありません。というより、誘い○けのひとの、その行為のさいちゅう(笑)なんてどーでもいいのです。誘い○けなら誘い○けで、どうしてそうなってしまったのか、あるいはそうなった自分を苦く嘲りながらも、もがいて生きるドラマのほうが読みたいのであって、誘い○けのままでお話が終わっちゃったら、そのお話の中に読者として、はいれませんでした。

当時、わたしはそれをホントに苦しく思っていて、すでに芸能で小説書きをしていた友人に話して話して話したあと、「あたし、書くよ。Mさん、あたし、書く。そうじゃないだろう、って思うもん。そんなの読んでて面白いのかって思うもん」(過激なこと書いてるなあ。苦笑。知ってるひとよんでないことを祈ってます。笑)といって、小説を書きはじめました。

とはいえ、それまで桜井亜美とかボディレンタルとか現代文学が好きだった自分が、まったく畑違いのしかも一番苦手なファンタジー。とっかかりやすいのからはじめて、それまで、読むのをあえてさけてた「グイン・サーガ」も読みましたよ。海賊ものの資料はもちろん、航海図の本まで、まったくわけわからなかったけど、読めるものは手当たりしだいみました。他に歴史小説もいくつか斜め読みしました。剣と剣との闘いの書き方なんてわからなかったからね。今と違って時間だけはかなり余裕がありましたから。

そうして、約一年、小説を書いて書いて書いて書いて、書きまくって、自分の体を壊して、もういいだろうと。そのころ、ちょうどワンピースがビビ編をやっていて、あるシーンがどうしても納得できなかったわたしは、このへんでちょっと距離を置こうと思って、それからはずっと、そういうものを意識して避けてきました。

週Jは読んだり読まなかったり。シ○○○スの出番なんて、指折りかぞえるほどしかなかったし。ああ、このままでいい思い出になっていくんだろうなあと思ってたんです。あの時ダンボールから、自分の書いた小説読まなかったら。

いまでも、なぜ、あの一冊だけが別のダンボール箱にはいってたのかわからないのだけど。

もう大丈夫だろう、もう平気だろう。デスノのニア○けだって、すっと入って抜けてこれたんだからとか思ってたのに。

全然、駄目。

文字通り、転がる石のごとく、再びハマってしまったのでした‥‥。

でも、いまは、やっぱり、どうしても、原作の彼と自分のもつイメージの彼に違和感がでてきて(だから、あの時やめたのに。苦笑)、少々、正気に戻ってきてます。

昔、あるかたが書かれてましたよね。

「好きになったら、気が狂う。そうでなければ信じない」

好きってそういうものだと思います。理屈じゃなくて。ホントに自分でもなんでかわからない。ややこしくて、めんどくさくて、何度愚痴ったことか。現代物でなかったことを。なんでこんなわけわかんない資料読まなきゃならないんだとか。(^^;

だから、わたしは「秘密」の青木が雪子にいっても寛大でいられるんですよ。自分が過去にしてきたことだから。

本気の「好き」の感情ってそういうもんじゃないですか?笑。
スポンサーサイト
[ 2008/12/20 19:24 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
思いのほか豪速球で投げすぎましたね(@▽@;
すみません、ご迷惑おかけして・・・
こんなにどまんなかにバシッと当たるとは・・・!

一応「HUNTER×HUNTER」も考えたんですよ。
でも小さい頃の事がのってるキャラといえば、
ジン、団長くらいだし・・と思って。

そっか~やはりそうでしたか~~
みるくさん、そんなにも愛してらっしゃるんですね~・・・
人の想いははかれませんものね・・・
私もそういうキャラ今までに2人いたので気持ちわかります!

>誘い○け

この○の中って何が入るんですか??
気になります・・・!
でもどう考えても「受」っぽいのですが・・・

夏頃、ダンボールから出て来た小説ってこの事だったんですね。
ついに種明かしされましたねvvv

ぜひぜひみるくさんの創作読んでみたいです!
読ませてくださる日が来るのをこっそりお待ちしております(*^^*)
[ 2008/12/22 17:15 ] [ 編集 ]
コハルビヨリさんのコメで覚悟きめて、白状しちゃったので、かえってすっきりしました、みるくです☆★なんだか、それを書くと「秘密」を好きなひとにとっては、裏切ったことになっちゃうのかもと、だいぶ悩んだりしたんです、あのころ。

このブログをたちあげたのも、自由な自分でいたかったからなので、一番書きたかったことを全部書けたこと、それを受け入れてもらえたこと、心底、ほっとしてますvvお礼をいわなきゃいけないのはわたしのほう。コハルビヨリさん、コメで書いてくださって、本当にありがとうございましたm(_ _)m

>人の想いははかれませんものね・・・
私もそういうキャラ今までに2人いたので気持ちわかります!

コハルビヨリさんのその一言で、お人柄がしのばれます‥‥vvでも、コハルビヨリさんにとっての「そういうキャラ」ってどなたなんでしょう??笑。ちなみに「HUNTER×HUNTER」もいまはフツーに好きです。年とってくると、や○いやる気力がなくなっちゃうのね‥‥苦笑。

>ぜひぜひみるくさんの創作読んでみたいです!
読ませてくださる日が来るのをこっそりお待ちしております(*^^*)

うれしいコメありがとうございます(#^_^#)でも、もう小説は書けないと思います。ちょっともどきを書いてはみたんだけど、やっぱりかなり、筆力おちてるから‥‥。それに、自分の書いたものをあとで読み返すのときの反動の大きさが怖いので‥‥苦笑。まあ、気力と体力のあるかたにおまかせして、わたしはのんびり縁側でお茶でも飲んでようと思ってます(o^ー^o)

あ、もちろん、ご指摘のとおり、○のなかには「受」がはいるんですよ♪すごい過激なこと書いてるからちょっと自粛したの‥‥(自粛になってないと思うけど‥‥笑)
[ 2008/12/24 19:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

葉月かれん☆

Author:葉月かれん☆
ただいま、ブリーチのイチルキストvvイチルキで甘々が一番v二人は早く結婚すればいいと思うvvv

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。