記憶の迷路

リアルタイム「バクマン」にハマった葉月かれんのブログ。次点で副シャン(ワンピ)イチルキ(ブリーチ)。アンチ織姫なので、織姫擁護、中立、いずれも読まないでね。アンチの意見は消します。ここはわたしがスキなことを好きに書くところなので。
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ネオン 

前回の記事に拍手くださったかた、ありがとうございました。最近ブリチのことしか書いてないのに。

したら、ワンピのサイトでリンクしてくださいというメールをいただいて、ワンピのサイトって、もうブログしか更新してないのに、いいんだろうかとびびってしまった。笑。わたしもう、小説はかけないです。こんなにブリチがすきでも、ブリチで小説書きたいとは思わないし。小説かくのって、やっぱ体力いるしね。


さて、以下はちょっと暗い今回の記事。

まだ若かったころ(笑)、ネオンの灯りが大好きだった。

イベントで上京すると、友達が迎えに来てくれて、夜の上野や渋谷や新宿やいろいろな駅で降りながら、彼女の下宿へと足を運んだ。

歌舞伎町も興味津々で二人で歩いたけど、田舎ものがわかったのか、何の危険もなくスルーした。

友達と近況をしゃべりながら、ネオンの灯りはいつも二人を優しく照らして、夜が怖いなんて一度も思ったことがなかった。

ふたりで歩く夜道をよりそうようにネオンの灯りがふりそそいで、それは、日常の鬱屈したものをきれいに洗い流してくれるような気がした。

いまは、ネオンが明るいころは、もう外出できない年齢になってしまった。

あのころのように、なにも無かったけど、なんだかワクワクする気持ちもいつか失ってしまっていた。

かわりに得たものもあるけど、失ったものがあまりにも大きなもののような気がして、でも、もう取り返すことができないんだなということも自覚している。

そうはいっても、あのころのように気軽に行動している友人もいれば、夢やぶれて、独りの道を歩まざるを得なくなった友人もいるし、一般的な幸せを得ている友人もいる。

どこで道がわかれたんだろう。

最初は、同じところにいたはずなのに。

ブリチのサイトのブログを読んでいると、ちょうど自分のお金が自由になるころの年齢のひとの文章がやっぱりいきいきとしていて、人生で一番キラキラしてる時期なんだなと思う。

たしかにわたしにもあったはずのあのころ。

もちろん、家庭をもって、サイトも持ってとがんばってらっしゃるかたもいて、そのバイタリティに思わず尊敬してしまう。

わたしはどこへゆくんだろう。

これから、どこへゆけばいいんだろう。

(前回の久保Tの一護とルキアの関係は友情でも愛情でもないという一文のショックがまだ抜け切れてないせいもあるんだけど)

ネオンの灯りはあのころとおなじようにキラキラしてるのに、わたしの心は迷い道にはいったまま、その灯りが届かなくなってしまっている。


スポンサーサイト
[ 2009/11/23 21:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

葉月かれん☆

Author:葉月かれん☆
ただいま、ブリーチのイチルキストvvイチルキで甘々が一番v二人は早く結婚すればいいと思うvvv

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。