記憶の迷路

リアルタイム「バクマン」にハマった葉月かれんのブログ。次点で副シャン(ワンピ)イチルキ(ブリーチ)。アンチ織姫なので、織姫擁護、中立、いずれも読まないでね。アンチの意見は消します。ここはわたしがスキなことを好きに書くところなので。
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏コミに行ってきました。 

はじめに、このブログはわたし的には一種の隠れ家というか、好きなことを好きな風に書くために作りました。なので、読んでくださる人に対する礼儀には多少かけるところもあると思います。以下、そういう内容ですので、今までの葉月かれんのものを読んで、なに読んでもかまわなないよ、どーんとこい!というひとだけよんでください。あくまで、自分のために自分が書くブログ内容ですので。
夏コミにいってきました。ただ、パンフを見た時点から、イチルキ少ないなあとは思ってたんですが、本当に少なかったです。純粋に新刊でのイチルキって2冊しかなかった。探し方が悪いのかもしれないけれど、だいたいカップリングで固まっているので、そこになかったらもうないだろうな、と。

逆にイチオリはすげー活気がありました。私は見逃したんですが、ジャンプ本誌のヒロインポスターでも織姫がでてたそうで、久保にとって、ルキアの存在っていったいなんなんだろうって思います。どうみても、彼女のほうが、ヒロインぽいのに。まあ、いまのホロウ化シリーズ織姫をヒロインにしたいがためのお話だと思いますが。

で、あんまりにも時間が余っちゃったので、本当に久しぶりにワンピの副シャンブースにいったら!

わあ、すごい!!

あるわあるわ、イチルキってなに?ってくらい実力のある本がずらりとならんでるではありませんか。


わたしはね~イチルキなんですよ。

イチルキを好きになってから、確実に変わったことのひとつが新しいblものはよめなくなっちゃったほど、少女マンガ好きになったほど、イチルキなんですよ。

でも、シャンクスだけはだめなんです。

いまでも、週jで、彼に関する重要な情報が出たら買います。イチルキだったら買わないのに。

そのくらいシャンクスだけは特別で、目の前に素敵な本があったら、そりゃあなた、手ぇだしますよ。

でも、わたしが副シャンで読みたいのは、いって彼が25くらいまでの両腕があったときの、まだまだ人間できてないときの少年ぽい彼なんですね~。

実はそういう小説を書いてるかたを知ってますので、わたしは安心してシャンクスとは距離を置いて好きになってはいるんですけどね。


で、イチルキも副シャンも同じくらい時を過ごしながらも、一方はまだまだ力のある描き手さんがいっぱいいらっしゃるのに、一方はもう廃れゆく運命なんだなあとなんともさびしい思いがいっぱいでした。

副シャンの本を買ったのも十年ぶりくらいだけど、シャンクスはいまでも私の一番だけど、やっぱり暑いのも人ごみのすごいのもがまんして、家族に迷惑をかけて、それでも夏コミにいったのは、イチルキを買うためだったんです。

どーして、あと数年はやくイチルキをすきにならなかったんだろう。

どーして、ブリーチという作品のヒロインはルキアじゃないんだろう。というか、ブリーチの内容自体あんなにおかしな内容になってしまったんだろう。

イチルキはこのまま廃れていってしまうんろうか?

ホームページはホームページで面白いけど、やっぱり同人誌は思い入れがあるだけ、魔的な魅力があると思うんですよね。

とにかく、ある意味で非常ショックな夏コミでした。

イチルキはこれからどこへいくんだろうなあ・・・。

原作には期待できないし。

ホント、かれらのせいで、あたらしいBLものはよめなくなっちゃったんだよ。今までのは読めるんだけど。たくさんたくさん、少女マンガを読んで面白くて、でも、やっぱりイチルキに還っていくのになあ・・・。


哀しくて涙もでないや。

こうやって、打ちなれない主人のパソコンを使ってまで、愚痴りたかったのも、全部イチルキのせいなんだよ。

もう少し若くて、時間の余裕があれば、自分で本つくったりするのに(副シャンのときがそうだったから)、もうそれだけの余裕がないからなあ。



スポンサーサイト
[ 2010/08/16 21:52 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

葉月かれん☆

Author:葉月かれん☆
ただいま、ブリーチのイチルキストvvイチルキで甘々が一番v二人は早く結婚すればいいと思うvvv

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。